Skype

とすごいタイトルをつけてみましたが、話は何てことはない家族とskypeで電話してバーチャルにムスメの相手をしてもらおうというものですσ(^_^;)…

が、1ヶ月に2週間、3週間も出張に行ってしまうことのある主人。
魔の2歳児のムスメとの2人生活は結構疲れるもので、後半になってくる会話も減ってきて、気づけば「おいしい??」しか言ってないことも・・・。
ちょっと用事がしたい!でもムスメがべったり・・・ということもよくあります。

離れているだけに親にちょっと来て~とも言えず、実家に帰るわけにも行かず。
肉体的にも精神的にもかなりやられます(ノ><)ノ そんな時に家族と電話ででもムスメの相手をしてもらって、手が離れると本当に助かります。

きっかけはたまたま実家の母がskypeをしてきたこと。

夕ご飯中にかかってきたskypeで私が母と話していたら、ムスメが「ばぁば!??」「ばぁば!!ばぁば~!!」と私からiPhoneを奪い取る勢いで大喜び。

ビデオ通話で顔も見れるので、母も喜んで「あらー、元気??」とか聞くと「うん!!」と答えるムスメ。だいぶ言葉が出るようになってきていたので、そのまましばらく会話が続き・・・・

気づけば私そっちのけ!!!→ あ、家事ができるヽ(・∀・)ノ

母にしばらく相手してあげてーと頼んで家事を始めると、
基本は母の問いに「うん!」と答えるだけですが案外長く持つもので、自分でご飯を食べながら「ばぁば、ハイ!!」と母にご飯を分けてあげたり、ご飯が終わったらブロックをするのを見せたりと小1時間やってました。

その間に私も母と話もでき、だいぶストレス解消になりました。

それ以降、何度かやってもらってますが、母もムスメもお互い慣れてきて、母が読む絵本を聞いたり、遊ぶのを見せたり、なんと、トイレにも自分から行きおしっこに成功までしました!!!

ポイントは移動可能なデバイスでskypeすること

PCやテレビは画面が大きくていいのですが、相手はじっとしていない2歳児。
すぐに画面から消えていなくなってしまいます。

iPhoneやタブレット端末などだと子供でも簡単に移動でき、常に自分で持ち歩いてくれるのであまり画面から消えません。
子供の相手をしている方は画面がぐるぐる回るのでちょっとビックリするようですが(笑)

ムスメには最初に「ばぁばがひっくり返っちゃったらビックリするから、ちゃんとばぁばの顔が見えるように置こうね」
「ここに自分の顔が見えると、ばぁばもムスメちゃんが見えるからね」
と教えたところ、自分で正しい方向を向くように直してくれます。

さすが吸収の早い2歳児。途中で通話が切れるとたまに自分でかけなおしたりもしてます(笑)

我が家の場合、トイレにも持ち込むので水没の危険アリ・・・・。
2回目以降はムスメ用のiPhone(私のお古)でskypeするようにしました。

日本とは時差もあるし、skypeの場合はお互いログインしていないといけないので、かける時間帯など事前の調整も必要ですが、それでも無料だし、ムスメも私以外の人と話せて楽しいようですし、母もムスメの動く姿が見れてとても喜んでいます。
私もほんの少しでも息抜きができて助かります。

出張未亡人でぬぁぁぁーーーー!となったら、ちょっとオススメです。